我々もまた様々な場所で、抑圧と暴力に対抗する人々を支持します。

革命的労働組合連合、公務員労働組合連合、トルコ建築・技師会議連盟、トルコ医師団ならびにトルコ歯科医師会による2013年6月16日付共同声明
翻訳: Translators for Justice
出典: http://www.kesk.org.tr/content/disk-kesk-tmmob-ttb-ve-tdb-17-haziran%E2%80%99da-i%C5%9F-b%C4%B1rak%C4%B1yor

AKP[公正発展党]政府はタクシム広場、ゲジ公園を収益のため犠牲にしようとした角でトルコ市民の激しい抵抗にあうこととなったのです。トルコ市民は、権力者たちが感情を抑圧しようと仕掛けた公安テロに対し、権利と正義への強い思いと不屈の良心でもって抵抗しているのです。AKP政府はこうした尊敬すべき人民の反応に国家テロで応酬するという手段を取りました。権利と正義のために尽力した同胞は殺害され、数十名が後遺症として残る身体的障害を抱え込まされ、数千人が負傷しました。

様々なメディアが政府側からの圧力を受け、信じがたい報道キャンペーンが始められ、トルコ人民のなかの反政府勢力について、ならびに彼らの自由への要求についての報道は偽装され遮蔽されたのです。しかし人民の抵抗を壊滅することは出来ませんでした。トルコ人民は自分たちの前に立てられたどんなバリケードでも乗り越えていったのです。

トルコ人民の内にあった良心、そして権利と正義を求める感情が引き起こしたこうした大きな抵抗運動は、AKP政府を根底から強く揺さぶりました。抵抗運動そのものを止めることが出来ないと分かったので、政府は手をかえて、こうした抵抗運動を環境保護意識として片付けようとしたり、国中に投入された警察による暴力や専制的な政治手法に対する人民の反応を違法な振る舞いとして描き出そうとしています。

自由を愛するトルコの人々は、こうしたAKP政府による戯れ芝居によって騙されたりはしませんでした。そこでAKP政府は、世界の衆人環視のなか、人民に対する一連の理解しがたい暴力的な攻撃を開始したのです。しかしそれでも人民は自らの権利と自由を諦める気はなく、引き続き断固とした抵抗を行っているところです。

人民による抵抗運動の象徴となったゲジ公園とタクシム広場は、政府の命令の下に活動した警察により、催涙ガス及びその他の液体化学物質が投入されることで占拠されました。それに加えてさらに、世界の視線が注視するただなかで、国中、とりわけクズライやアンカラで行われたデモでは、警察による暴力的介入が法外に行われました。こうした一連の出来事の中、亡くなった友人のため開催される予定だった慰霊式に対してさえ、警察は暴力という手段を使って介入してきたのです。

子供や老人たちであっても催涙弾や化学兵器が手加減なく投げつけられました。これら全ての人々が、あらゆる人間的価値への蔑視の下、催涙ガスで撃たれ虐げられたのです。

負傷者のため建てられた救急救命施設でさえ取り壊され、医師や看護師は逮捕され、医療装具や医薬品が台無しにされました。

反政府派の人民を保護していた議員や、事態を直接監視するために世界各地から訪れた人々が催涙ガスの攻撃に晒され、ゴム棒で殴打されました。大衆集会での警察による無慈悲な暴力を、首相個人が直々に指示していたのです。

しかし我々は自由と尊重への権利に基づいており、確信をもって、尊厳と断固たる決意をもって、そしてまた細心の注意を払いつつ全身全霊をあげて、政府側からのあらゆる暴力的攻撃に変わらぬ抵抗を続けていきます。自由と尊厳、権利と正義とに基づいた人民の抵抗はますます強固となり、トルコ全土を掌握することで、AKP政府を揺さぶっているのです。

タイイップ・エルドアン首相は、こうした人民の巨大な抵抗運動に直面して、人々を相互に煽動して内戦へとそそのかす企てでもって応酬しましたが、これは彼自身の選挙支持者の幅広い層からも支持されることはありませんでした。首相はこうした事態にますます憤慨し、野方図な抑圧体制のさらなる強化に今度は着手しはじめました。今や街頭では、TOMA[訳者注:放水装置付き装甲車]やスコルピオン[訳者注:警察車両]等の警察の装甲車両とならんで、地方警察や軍の装甲車両を見かける事がますます頻繁になってきています。

トルコ人民の最大の職能組織ならびに労働者の代表として、そして権利、正義、自由、民主主義の代表として、この国に専制的体制を確立すべくAKP政府が仕掛けた攻撃を阻止することこそが、今日、民主主義にまつわる最重要課題であることを我々は確信するものです。

以上の理由から我々の構成員は、かかる攻撃への抗議を表現すべく、2013年6月17日月曜日に職場に結集し、さらに市中心部の数カ所でデモを行う予定です。そのため緊急事態をのぞき、我々は職務を放棄します。我々は人民に対して、発生するかもしれない万一のご迷惑にご理解を賜りたくお願いするとともに、デモに際しては、平等主義的で、真の自由を求める民主的なトルコのための闘争の渦中にある我々を支持して下さることを求めます。

DİSK(革命的労働組合連合)
KESK(公務員労働組合連合)
TMMOB(トルコ建築・技師会議連盟)
TTB(トルコ医師団)
TDB(トルコ歯科医師会)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s